神奈川県で幼稚園•認定こども園を運営する 学校法人 湘南やまゆり学園

健康給食ページタイトル

健康給食  湘南やまゆりキッチン

  教育も給食も中身(バランス・栄養)です

湘南やまゆり学園では、幼稚園で食べる昼食だけでも子どもの好き嫌いに左右されない『栄養重視の子どもたちの身体に良い健康給食を届けたい』という想いから給食を実施しています。 決してお母さんの手をはぶくためではありません。

健康な体は、幼児期から栄養バランスのとれた食生活を送ることで作られます。そして健康な体から子どもたちの意欲が湧きおこります。

※給食は学園運営の健康給食センターで作っています。

  湘南やまゆりキッチンとは

湘南やまゆりキッチンは、本学園が10年間子どもの『食』と『やる気』について考察し、平成4年4月に実践に踏み切った子ども専門の健康食をつくる給食センターです。

  広く明るく清潔な環境〈設備〉

衛生面・清潔面においては全て保健所の検査に合格しています。
施設の床面積299.35平方メートル。設備も最先端の器具で整備されています。給食づくりには栄養士・調理士の有資格者を含め、在園生・卒園生のお母さん方の多く(20数名)が従事しています。

  健康給食弁当

子どもの将来にとって何にも勝る宝は健康です。健康体を維持するものは食べ物です。
ミネラルバランスの良くとれた体でなければ、集中力は湧きません。平静にしていても集中力・意欲の湧く体こそ、伸びる子どもにとっては最高の状態です。

湘南やまゆり学園が他園に先がけて栄養の分野に関与しなければならなくなった理由は、進んだ指導カリキュラムと幼児の健康な体との関係を無視して、真の幼児教育は達成し得ないと確信したからです。

アルカリイオン水で調理します。
口に入る水分は全てアルカリイオン水です。塩素・発癌性物質の除去に努めています。
大脳の発達によい健脳食。
ミネラルバランスと青魚・豆類・七分米・麦飯(マグネシウム、カルシウム入り)低農薬が原則です。
奄美大島のサトウキビ原糖。
オリゴ糖でビフィズス菌の増殖を促し、免疫力の向上、O-157大腸菌等にも耐性力をつけます。 塩はミネラルたっぷりの天然塩(沖縄産)…他

調味料について

調味料は、子どもたちの健康安全を考えて選んでいます。

大麦(ビタバァレー)・有機大豆醤油本醸造・沖縄の平釜薪焚き製法の塩・奄美大島でとれた、さとうきびを原料にしたザラメ(砂糖)・アルカリイオン水などを使用しています。


 麦の使い方
・米6kgに対して、麦1kg(1.5割)を使用しています。ここに大さじ3のカルマグを加えています。
※カルシウム・マグネシウムの健康補助食品

3つの安全と食事のバランスを考え、子どもたちの栄養と安全を確保しています。

また、今日発癌性物質を食べて、明日癌になるものではありませんが、毎日の食事はその積み重ねです。いつも心の片隅においてください。

【除去食】
アレルギー体質など…食べられない食材等があるお子様については、入園前にご相談ください。
ホームアイコン
元のサイトに戻るアイコン